■エンディングノート書き方講座【これを書けば家族が大助かりベスト7】全員にエンディングノートプレゼント。

詳細はこちら
詳細はこちら

「笑いヨガ」を行っています。開催場所・日時はこちらからご覧頂けます。公会堂など無料出張も承っています。

詳細はこちら
詳細はこちら

ご葬儀費用や段取り家族葬の疑問など無料相談にお伺いしています。 お困りごとや疑問などに丁寧にお答えします。

詳細はこちら
詳細はこちら

課題を見つけて解決する

■終活と言っても何から始めていいのか、何を準備したらいいのか解からないと言った声を聞きます。
エンディングノートを書くことで「何」が分かります。
エンディングノートは残された家族が困らないようにするための指示書役割があると同時に、これまでの半生を振り返って人生の棚卸をする事にもなります。
終活は自分の人生を棚卸し、これからの生き方を再設計する事でもあります。

「課題を見つけて解決する」

課題が見つかったら、解決をする時間、または解決を誰かにお願いする時間が必要です。
「終活なんてまだ早い」「エンディングノートを書くのは死期を悟ってからでいい」では気持ちの上でも準備時間も難しいです。
元気な内に書く、これからの人生で今日が一番若いのですから今がベストタイミングなのです。

■「健康寿命」
健康寿命とは、心身ともに自立し健康に過ごせる期間の事なのだとか。健康寿命が「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」。平均寿命と健康寿命の差は2016年において男性8.84歳、女性12.35歳でした。

不健康リスクの高まるその年齢までには課題をみつけ、対応しておきたいものです。私たちは笑いヨガで生涯健康長寿を目指します。そして終活やエンディングノートを使って終活に関する不安や疑問を取り除き、これからの人生をより良くしていきたいと考えています。

笑う終活

PAGE TOP